Step By Step

20代会社員。人生を一歩ずつ、歩いています。

勉強した知識を応用したい

例えばプログラミング言語の勉強をしたとする。
そうすると、プログラミング言語の文法とか、それに伴ってIDEの使い方だったり、コンパイルの方法といった知識を習得することができるかもしれない。
こんな感じで、何かを勉強したときには新しい知識が蓄積される。

最近になって思うのは、知識を知識のまま塩漬けにしてはいけないということ。
プログラミング言語を覚えたところで、すぐに何かを作れるようになるわけではなく、アルゴリズムの選択やデータ構造で適切な選択を行うには経験が必要になってくる。
その経験をためるには、どんな形にせよアウトプットを出すしかない。

一般的には高速とされているアルゴリズム、安全とされるアーキテクチャを知っていても、それを今回のケースに適用する理由は「一般的だから」では通用しないことが多々ある。

結局のところ、「勉強すること」と「何かをできるようにすること」を1対1で対応付けてしまうと応用が利かない。
「知識を習得する」することは「その技術背景」も同時に学ぶ必要もあるということで。