Step By Step

20代会社員。人生を一歩ずつ、歩いています。

資格は取ってからが大事

タイトルがすでに当たり前みたいかもしれないから、シンプルにまとめる。

資格を取った時点では、必要な知識を持っていることは認めてもらえるかもしれない。
だが、ここまではあくまでインプットの段階だと思う。実際に仕事でその知識を使って何をするかというのが重要で、ここで求められるのはアウトプットの力。

自分の場合、資格を取ったことで何が変わったかというと、その分野の書籍を読んだとき、「あ、これは見た覚えがある。確か○○だったような気がする」といったレベルで、それを活かして何かをやるときはやっぱり具体的な書籍を参照したり、人に聞いたりすることになる。
資格を取得するのに必要な知識があることで、そういった話がさっぱり判らないといったことにはならないけど、具体的な議論をするにはまだまだ足りないというのが実感。

当たり前だが、独占業務でもない限り取ったからといって即役立つわけではない。